FC2ブログ

明治の人の愛の行いが100年後の日本人を救う!

 「海難1890」と言う映画をみたことに触れて、生長の家高知教区の機関紙に書いた挨拶文です。

 皆様、ありがとうございます。
 先日、「海難1890」という映画を見ました。
 時は1890年9月。トルコから天皇陛下に親書を持ってきた使節団が乗っていたエルトゥルル号が、帰国の際に和歌山県串本沖の大島で台風のため難破してしまいます。
 その乗組員を命がけで助けたのが大島の住民でした。村人総出で救出にあたり、69名が救助されました。しかし残念ながら、500名以上の方々亡くなってしまいました。

02遭難

 大島の人たちは、漁で生計を立て、台風が来ると漁に出られず食べ物にも困ってしまいます。それでも、あまりない食べ物の中から非常食にとっておいた鶏などの食料をトルコ人のために差し出します。また、遭難した人、遺留品の捜索に精を出します。そして救われた人々は無事、日本の軍艦でトルコに帰ることができました。

 時は流れ、1985年のイラン。当時はイランとイラクが戦争をしていました。そして、イラクのフセイン大統領がこれから48時間後にイランの上空を飛ぶ飛行機は軍用機も民間機も全て打ち落とすと宣言します。外国からイランに来ていた人々は本国に帰ろうとします。もちろん日本人も。しかし、イランに乗り入れている航空会社は自国民を優先して、日本人は乗せてくれません。日本の航空会社に政府から救出を打診するのですが、帰りの安全が保証されないとのことで断られます。そこで、トルコに飛行機を出してくれないかと依頼します。しかし、トルコ国民もまだ多数がイランに残っています。そんな中、トルコから2機の飛行機がイランの空港に着陸します。普通であれば自国民を優先するのですが、なんと空港に集まっていた215名の日本人が優先され、飛行機に乗れなかったトルコ人は陸路でトルコに帰ることになりました。どうしてトルコがそのような選択をしたのかという背景に、100年前のエルトゥルル号の事件があったのです。恩返しだったのです。

 この史実に脚色を加え、映画としたのが「海難1890」でした。

 日本ではこのことを知っている人は21世紀になって、テレビで報道されるまであまりいなかったのではないかと思います。私はこの舞台であった和歌山県の出身ですが、この史実を知ったのは十数年前でした。あまりの感動を覚えたので、帰省したときに実際に大島の現場に行ってみました。その遭難現場の近くには慰霊塔が建てられていました。私が訪問したちょうどその日、大島の小学生が慰霊塔の掃除をしていました。学校の先生に聞いてみると、こうやって毎年清掃しているとのことでした。そして、定期的に慰霊祭も行われているそうです。

 トルコではこの史実が教科書に書かれており、誰もが知っているそうです。そのおかげで、トルコは親日の国であるそうです。

 トルコの人々を助けた大島の人々は何も特別なことをしようと思ったのではありませんでした。目の前に困っている人がいると、それが例えどこの国の人でも助けようとしました。そうやって播かれた日本人の善業が、100年後の215人の日本人を救うことにつながっていきました。

 谷口清超先生は次のようにお説き下さっています。

日本人だけを愛されたのではなく、世界中の人々や動物や植物をも愛された。昭和天皇陛下でも今上陛下でも、動物学や植物学に心をよせられた一流の学者であり、さらに「雑草はないよ、みな夫々の名前がある植物だ」とされて、雑草を引き抜いたり、むやみに刈り取ることをおきらいになったのは、多くの人々の知るところである。
 そうした広く深い愛が天皇陛下のお心であるから、日本人の心もやはり本来はみなそうした心の持ち主であるのだ。
『美しい国と人のために』P40~41

 私たちも日本人として、一人の人間として国や民族、宗教等の違いを超えてすべての人々に、そして人間のみならず、自然にも神様の愛をそのままの心で実践し、良き種を蒔いて参りましょう。

スポンサーサイト

コメント

素晴らしいです!日本が素晴らしいと言える日本でありますように!!

No title

コメントありがとうございます。
ほんとにその通りですね!
吾々一人一人にかかっているのでしょうね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

日時計シリーズ
postingjoy
postingjoy(ポスティングジョイ)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

田中道浩

Author:田中道浩
プロフィールはこちら

ブロとも一覧