FC2ブログ

禅をきく会と浪曲ライブ

先日、曹洞宗四国管区強化センターと高知新聞社が主催する「禅をきく会」に参加した。
入場無料で一般に公開されたものだった。

P1110111.jpg

第一部は「法悦」―曹洞宗法要ライブ―と題して、曹洞宗の修行道場の朝の修行の紹介だった。
立って半畳寝て一畳の世界だった。
夏場は毎朝3時半起床とのこと、襟を正される思いをした。

そして、興味を持っていた国元武春氏による浪曲ライブ。
曹洞宗と何か関連があるのかと思っていたが、そうではなかったようだ。

『殿中刀傷~吉良邸討ち入り&国本武春・アメリカ滞在記を語る』

初めて生で浪曲を聞き、新鮮な感動を覚えた。
まさに国本ワールドだった。
人を引き込む力、そして三味線の音色と力強い歌声。
赤穂浪士には興味がそれほどなかったのだ、とても興味が湧いてきた。
これは、国本氏が歌う言葉の力であろう。
そして、三味線のロック風、またバラード風、様々な三味線の弾き方に引き込まれていった。

また、アメリカに留学した際の話で、日本の楽器であちらの音楽に歩み寄る、という言葉に感銘を受けた。
何か楽器ができないかと聞かれたとき、三味線ができると答えて、三味線でアメリカで歌われているような曲を作り大絶賛だったとのこと。
日本の伝統・三味線のアメリカ音楽との融合を感じた。
自と他を明確にわけるのではなく、お互いが歩み寄ることによって生まれる新しい世界。
何とも魅力的な時間だった。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

日時計シリーズ
postingjoy
postingjoy(ポスティングジョイ)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

田中道浩

Author:田中道浩
プロフィールはこちら

ブロとも一覧