FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積み重ねていく自然エネルギー拡大運動

生長の家高知教区機関紙『光風』平成30年5月号より

積み重ねていく自然エネルギー拡大運動

大分・別府に地熱発電所

 今年4月1日より、大分・別府地熱発電所への生長の家自然エネルギー拡大募金の募集が始まりました。これは、京都・城陽メガソーラー発電所、福島・西郷ソーラー発電所に続くものです。
 大分教区が教化部会館の建設予定地を探していたところ、NHKの「ブラタモリ」で紹介された温泉が湧いている土地が、幹部の祈りにより見つかりました。そこに教化部会館と本部が運営する地熱発電所を設置することになりました。

地熱発電の特長および利点

 地熱利用で有名なアイスランドは自然エネルギー100%で、その内3割が地熱発電で、残りの7割は水力発電です。この地熱発電は、風や日照などの気象条件に左右されず、高い安定性があります。また、発電時の二酸化炭素排出量もゼロに近く、地球温暖化防止への貢献度は高いです。
 日本は世界第3位の地熱資源国なのですが、総発電量に占める割合は、わずか0.3%にすぎません。もったいないかぎりです。

自然エネルギー拡大募金による相殺

 生長の家が行っている自然エネルギー拡大募金は、平成26年度から始まり、その申込額は、今年1月28日までで全世界で4億4千485万円でした。高知教区は全国で15番目に多い554万でした。
 この申し込みの際に、「炭素削減量」を「教区」にしていただいた皆さんの炭素削減量により、高知県教化部が平成28年度に排出した二酸化炭素が相殺されました。具体的には、高知県教化部が1年間で使用した、電気、ガス、ガソリン、水道の使用に伴う二酸化炭素の排出量が合計16,849kgでした。この年度までの自然エネルギー拡大募金の申し込みが704口でした。1口あたり32.244kg(年度によって値が変わります)の削減になります。

704口×32.244kg ≓ 22,699.8kg(削減量)

16,849kg(排出量)-22,699.8kg(削減量)≓-5.9t

1t当たり3,500円で換算するため、

―5.9t×3,500円=-20,650円

 排出量よりも削減量の方が大きかったため、マイナスになっており、つまり20,650円の返金となり、本部から教区にお金が振り込まれました。

 この1口当たりの削減はこれからも毎年続いていきますので、皆さんがご寄付いただいたものが毎年教区に還元されてくることになります。自然エネルギー拡大募金が増えれば増えるほど、環境保全が進み、教化部の排出も削減でき、教区の財政にもプラスになるということになります。

 皆様のご協力に心より感謝申し上げます。 引き続き地熱発電への募金をお願い申し上げる次第です。
 大分県教化部会館が完成した暁には、「温泉練成会」も開催されるとのことです。温泉に入りながら練成会を受けることができるなんてなんと魅力的な練成会でしょう。
 このような一人一人の献資が、地球温暖化を防止し、毎年毎年の所属の教化部会館の二酸化炭素削減に寄与することができる仕組みを作っていただいたことを大変有り難く思います。


スポンサーサイト

コメント

楽しい練成会を有り難うございました。

良いお天気での410回練成会は最高でした。続けて愛媛練成会をと意気込んでいましたが、お見舞いをしようとおもっていた人が、20日に転院をするそうなので、気持ちがなえてしまいました。早速プログラムをいただきましたのに、申し訳ありません。部長先生の愛媛練成会をとても楽しみにしていましたのに、残念に思います。必ず、受講させていただきますので、又、お願いいたします。有り難うございます。  山本 順子

No title

山本順子さん、素晴らしい練成会でしたね。
愛媛も楽しみにしていましたが、残念。
次の機会を待っています!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

日時計シリーズ
postingjoy
postingjoy(ポスティングジョイ)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

田中道浩

Author:田中道浩
プロフィールはこちら

ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。