FC2ブログ

発想の転換

JALに乗ると、いつの頃からか、wifiが使え、自分のスマホやタブレットで映像を見ることができる。
これには、最初驚いた。

JALwifi.jpg

昔、全座席にモニターがある飛行機に乗ったことがあるように思う。
そういう方法ですると全座席にモニターをつける費用がかなりいると思うが、各自がそれぞれのスマホやタブレットを用いればその分が不要になる。

今、飛行機に乗る多くの人はスマホやタブレットを持っており、そういう映像を見たいという人であればなお持っている比率が高くなると思う。

お客のモノを使わせるとは、よく考えたモノだと感心した。
使う方も何の違和感もない。

スポンサーサイト

コメント

No title

飛行機には数回しか乗ったことがありませんが
モニターやスクリーンに「離発着時の前方カメラの映像」や
「現在の飛行位置」が表示されるのが一番面白かったような気がします。
(後は手持ちぶさた・・・寝るのもなかなかしんどい。隣の人には気を遣うし・・・特に肘掛け(苦笑))

救命胴衣の使い方なども、今は飛行機も人員コンパクトなので
映像を流すか、説明者と実演者の2人一組で案内されることが多いかと思われますが
20年ほど前に初めて飛行機の乗った際、
CAさん(当時はスチュワーデス)が数メートルおきに通路に並び、チーフパーサーの説明に従って
一糸乱れず救命胴衣の実演をしたのは
もちろん大事なことなのですが
何だか愉快でした。(^^)

(数年後に乗ったときも楽しみにしていたのですが
もうこのセレモニーがなく、映像でした)

No title

アータカさん、ずいぶんとレスが遅くなってしまいました。
今は、飛行機に乗っても退屈しないよう、色々と考えられています。
ぼくはもっぱら本を読んでいますが。
外の景色を見るのもよいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

日時計シリーズ
postingjoy
postingjoy(ポスティングジョイ)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

田中道浩

Author:田中道浩
プロフィールはこちら

ブロとも一覧