FC2ブログ

室戸で青少年練成会

 7月23日(土)~25日(月)まで国立室戸青少年自然の家で、24名(小学生21名、中学生3名)が参加して夏季青少年練成会が開催された。
 この室戸青少年自然の家は、森と海に囲まれた大自然の中にあり、大自然のふところで開催された。
 ここは、高知市内よりも気温は2,3度低く、とても快適だった。

シーカヤック2

 初日の野外炊飯ではカレーを作った。
 班毎に、お米をといで火をおこす人、やさいを切って用意する人、役割に応じて子供たちが積極的に行っている姿は、生き生きとしていた。
 みんなほんとに楽しいそうによくやってくれる。
 最後の片付けまで。

P1130010.jpg

 初日から二日目にかけて夜中に大雨が降った。
 これで野外の行事はすべて中止かと覚悟した。
 しかし、二日目の午前中の講話やビデオ研修の間に雨は上がった。
 雨が降った関係で予定していたシュノーケリングは中止となったが、全員でシーカヤックをすることになった。
 シーカヤックの途中で雨が降ってきたのだが、もともと濡れる予定であったので不都合なことはない。
 といっても子供達を見守ってくださっている皆さんは大変だったと思う。
 このシーカヤック、ぼくも始めてしたが、とても楽しかった。
 乗っている人が心を合わせてこぐことができると、スイスイと進んで行く。
 12艘のカヤックが横一列に並んだ姿は壮観だったと思う。
 子供達にとっても貴重な体験になったはずだ。

DSCN9644.jpg
DSCN9671.jpg

 夜はキャンプファイヤーが中止となってキャンドルサービスを体育館で行った。
 これもよかった。
 プログラムはキャンプファイヤーと同じでやったのだが、ゲームや踊りが楽しく、子供も大人も一つになって楽しみ、一体感を感じる時間となった。

DSCN9717.jpg
DSCN9702.jpg

 三日目は雨も上がり、竹箸、竹笛を分かれて作り、結語。

 途中様々なことがあったが、怪我する人もなく、参加者も運営委員も喜んで一緒になって学ぶことができた練成会だった。
 屋内の頭を使う静の行事(左脳)と、屋外で体を使って、みんなと協力する行事(右脳)を使って、真理が全身にしみこんでくるようだった。

 そして、子供達の素晴らしさ。
 素直にそのままを感じ取り、実践する力。
 ほんとに素晴らしい。
 認めたものが現れる。
 もともと持っている素晴らしさに焦点を合わせることを学んだ。

 そして、運営委員の皆さんの素晴らしさ。
 準備から推進、ほんとによくぞここまでしていただいたと感謝の念に堪えない。
 練成中も参加者をよく讃嘆して下さり、それが参加者の心を開き、神性を開発していくことにつながっていった。

 参加して下さった皆さん、運営委員の皆さん、送り出してくださった保護者の皆さん、その他練成会に携わった皆さん、本当にありがとうございました!

集合写真①


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

日時計シリーズ
postingjoy
postingjoy(ポスティングジョイ)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

田中道浩

Author:田中道浩
プロフィールはこちら

ブロとも一覧