FC2ブログ

100,000年後の安全 放射性廃棄物について考える

 先日、家内と一緒に映画『100,000万年後の安全』を観た。
 現在、フィンランドで、原発から出される高レベル放射性廃棄物を地下に処分することが決められ、オンカロという処理場が作られている。オンカロとはフィンランド語で、洞窟、穴などの意味があるそうだ。
 その建設現場を撮影し、建設に関係する人たちがインタビューに答えているドキュメンタリー映画だ。
 このオンカロは2020年から操業が開始される予定で、廃棄物が一定の量に達すると封鎖され、二度と開けられることはない。
 放射性廃棄物が安全になる10万年間の保管を目指している。100年先の未来もわからないのに、10万年先までとは驚く。人類が生存しているかどうかもわからない。
 映画で恐れられていたことが、人類がこのオンカロの封印を解いてしまうこと。現代の人類も2千年前、3千年前のことははっきりとはわからない。
 この地が危険なところであることをどうやって示すのか。文字も数万年後の未来に通じるかどうかはわからない。その文字を記した物が10万年も存在することも考えにくい。

 この映画を観終わって、ふと頭に浮かんできたのは、『風の谷のナウシカ』など漫画で描かれている文明社会崩壊後の世界というものだった。欲望を追求した社会は自ずと崩壊していくのだろう。そして、後にはその文明の残骸が残されている。このままの状態で人類がつき進んでしまうと本当にそういう世界が現れてくるのではないかと思った。

 地下で10万年も保管することに対して批判することは簡単だが、原発に反対しようが賛成しようが、地球上にはすでにかなりの量の放射性廃棄物があることには変わりがない。現在、日本には広島に落とされた原爆の120万発分の放射性廃棄物が溜まっているそうだ。
 自分たちの世代だけのために、未来世代に負の遺産を残すことは考え直さないといけない。
 原子力に頼っていても、ウランはやがてなくなるもの。
 今こそ自然エネルギーへの転換を!
スポンサーサイト
日時計シリーズ
postingjoy
postingjoy(ポスティングジョイ)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

田中道浩

Author:田中道浩
プロフィールはこちら

ブロとも一覧